試験当日にやること

試験当日の朝は早めに起きましょう。朝食を食べ、トイレも済ませておきます。前日のうちに用意しておいた持ち物をもう一度チェックして、忘れ物が無いか確認しましょう。あれば良いものとして、カイロがあります。緊張と寒さで指の動きが鈍くなるため、利き手のポケットにカイロを持たせておくと便利です。インフルエンザなどの予防のためにマスクも着用したほうがよいです。試験会場は暖房が効きすぎることもあるので、カーディガンなど脱ぎ着がしやすい服装で行きましょう。

30分前には試験会場に到着できるようにしましょう。試験を受ける教室、トイレ、面接があれば控え室、念のため事務所の場所なども確認しておくと良いです。掲示板に試験の案内などが張り出されている場合があるので、そちらも見ておきましょう。受験当日は誰もが緊張と不安でいっぱいです。まずは子供の不安を少しでも和らげてあげることが大切です。

試験会場に着くと、周りの子供がみな頭良さそうに見えてしまうものですが、誰でもそう思い不安に感じています。わざと頭が良さそうに振る舞う必要はありません。普通にしていましょう。試験が終わると、ついできたかどうか聞きたくなりますが、そこは我慢が必要です。ようやく緊張が解けたところなので、リラックスさせてあげましょう。翌日以降にも試験が控えている場合は尚更です。