過去問の分析

入試問題にはその学校の教育指針がこめられているとも言われ、相性の良し悪しが出る部分です。早い段階でこの過去問の分析を行うのは親の仕事になります。子供が実際に過去問に取りかかるのは小6の夏以降や11月に入ってからなど塾によってバラバラですが、それまでにある程度の傾向を知っておくだけでも随分と違います。

子供は過去問を解くことで志望校の入試問題に慣れ、合格の可能性を知ることができます。しかし、何度も繰り返し解く上位志望校以外の問題までなかなか手が回らないのが現実です。そこで、親が分析をしてあげるのです。志望校すべての学校の過去問に、全教科一度は目を通しましょう。すると、学校の特色が見えてくるはずです。国語では最初に漢字の問題が必ず出る、大きな文章題は最初に説明文、次が物語になっている、といった出題形式を見ます。分量や難易度も塾の模試と比較できればよりよいでしょう。難関校型の新しいタイプの問題が多いのか、標準的な問題か、文章を書く割合の多い少ないなどもポイントになります。出題分野や問題の構成も把握し、表にまとめるとわかりやすくなります。

その他、学校によっては問題用紙への書き込み禁止や、理社の解答で漢字で書くことが決められている場合もあります。これらの注意事項がある場合、事前に知っていると、当日うっかり見落としてしまうことを防げます。