時間の管理をする

小学生の子供は、まだ自分で時間の管理をすることができません。そこで、親が代わりにスケジュールを組む必要があります。ただ、やみくもに「一日○時間勉強しなさい」というのは効果がありません。自宅学習では勉強をする時間よりも、できた内容のほうが大切です。今日やるべきことをできるように管理してあげましょう。

苦手な教科や単元があれば、まずそちらを優先しましょう。嫌なことが片付けば、あとは得意な科目を残すだけなので精神的な負担が軽くなります。しかし、どうしても苦手なものだと先に進めない日もあります。そんな時は得意な教科を少しだけ始めて、調子が乗ったところで嫌いなものも一気に片付けてしまう方法もあります。その日のコンディションによって方法を使い分けましょう。

時間管理の中で特に重要なのが睡眠です。6年生の後半ともなると、毎日塾で夜遅くなる日も続きます。睡眠不足は集中力の低下を招きます。できるだけ早い時間に就寝できるよう努めましょう。テレビは見る番組を決めましょう。家族がダラダラとリビングでテレビを見続けるのも良くありません。中学受験は親子で乗り越えるものです。お父さんもテレビをやめて本を読み始めたら、その姿を見て子供も机に向かうようになるでしょう。