中学受験と塾選び

中学受験の親の役割は、子どもの支援にありますが、勉強の指導に関しては、少々難易度が高いといわれています。中学受験の問題程度なら十分指導できそうに思えるかもしれませんが、実際に問題を見てみると、意外と大人でも深く理解していなかったり、解き方を忘れてしまっていて、子供に深く理解させるほど、問題を理解していない方が少なくありません。そのため受験勉強に関しては、親が指導するよりも、学習塾などを使ったほうが効果が高いとされています。

中学受験の親が行える重要な役割の一つは、どれだけ良い学習塾を選べるかという点です。学習塾は数多くありますが、それぞれ違った種類があり、成績の底上げを目的にした塾と、受験対策に特化した塾、集団をまとめて指導する塾に個別指導を行う塾と、勉強の目的や指導方法などを選択することができます。受験勉強のためなら、初めから中学受験の指導に特化した塾を探し、子どもの性格や現在の学力を考慮して、集団塾か個別指導塾を選択しましょう。

塾選びに成功するかどうかで、子どもの成績の上がり方は変化します。子どもに合わない塾を選択してしまうと、勉強の成績は伸び悩み、受験勉強へのモチベーションもどんどん下がっていくので、子どもに塾を選ぶためにも、積極的に情報を集めるようにしましょう。ネット上でも口コミ情報が公開されていますし、実際に見学に出たり、体験入学などを行える塾もあるので、それらを積極的に利用してください。