中学受験は親が学ぶ

中学受験は子どもが受けるものですが、同時に親も色々なことを学んでいかなければなりません。受験勉強のために子供に勉強を教えることもあるでしょうが、中学受験に出される問題には、大人でも教えるのが難しい問題が出てくることもありますし、勉強を教える学習塾や家庭教師を選ぶときも、授業料の比較や講師陣の評判、過去の合格実績といった情報を集めなければならなかったりと、何かと学ばなければいけないことがたくさんあり、それらを子供と一緒に勉強していく必要があります。

子どもと一緒に努力するということは、子供の受験勉強に対するモチベーション維持にもつながります。子供にとっては、受験の重要性はなかなか理解することはできませんし、嫌いな勉強をするよりも友達と遊んだほうがよっぽど楽しいので、親は子どもに勉強の重要性や楽しさを教えるためにはどうすればよいのかを考え、学ばなければなりません。

受験勉強は大人である親が率先して動くことが肝心です。小さいうちから勉強が楽しいものと思わせ、自分から勉強するような意欲を持たせる、勉強好きな子どもを育てるためにはどうすればよいのか、書籍や周りの人の助言など、様々な情報を利用して勉強していき、子どもの成長を促しましょう。