家族一緒に中学受験

中学受験は家族一緒に行うべきものです。子どもが受ける受験だからと、子どもに無理やり学習塾や家庭教師の授業を受けさせ、自分は特に何もしないままでは、子どもの受験に対するモチベーションは一切上がらないでしょう。受験に合格するかどうかは、勉強に対するモチベーションがどれだけ高いかで決まるといっても過言ではなく、その条件を満たすためには、家族一緒に中学受験に取り組まなければなりません。

家族一緒に中学受験を受けるという気持ちを共有するためにも、受験勉強にかかわることは積極的に家族で取り組むようにしましょう。例えば学習塾や家庭教師を選ぶ場合は、家族で講師と顔を合わせる機会を作り、授業内容や自宅学習での指導法などをチェックして、子どもがちゃんと勉強できる環境づくりを行い、勉強で行き詰っているところがあれば自分たちが教えるようにするなど、日常的に一緒に勉強できる環境を作るようにすることで、受験勉強に対する孤独感を、子どもに持たせずに勉強を続けさせることが出来ます。

中学受験中は、家族でコミュニケーションを取ることが大切です。勉強に意識を集中させすぎると、人間として豊かな成長が狙える子どもという時期を逃すことにも繋がるので、たまには家族全員で旅行に行くなど、息抜きの時間を通して、家族と触れ合う機会を作りましょう。こうした時間の密度が濃くなることで、子どもの人生はより豊かなものになっていきます。