中学受験は一緒に勉強

中学受験を受けさせるには、長い期間をかけて学校の勉強と同時進行で、受験対策のための勉強を行わなければなりません。勉強にかける期間は長ければ長いほど余裕が生まれますが、子どものうちは勉強に対する集中力も少なく、モチベーションも下がりやすいので、ある程度精神的に成長して、自分ひとりでも勉強できるだけの集中力が備わるまでは、子どもと一緒に受験対策を行いましょう。

子どもと一緒に勉強することは、子ども一人に無理やり勉強をさせるよりもはるかにモチベーションが下がりにくいです。子どもが自分から勉強するようになるのが最も理想的ではありますが、子どものうちから自発的に勉強する子は稀で、小さいうちは親が一緒に付きっ切りで勉強して、問題の解き方を教えたり、問題が解けたら思い切りほめるなど、勉強のサポートを行うようにすることで、勉強に対する興味がより湧きやすくなります。

中学受験の勉強は、本格的なものになると、学習塾や家庭教師といった専門家の指導が必要となり、素人である親が教えるのは難しくなります。それでも普段の暮らしの面でサポートを続けることで、子供のモチベーションを維持しやすい状態にすることができます。最初から最後まで子どものそばに立ち、受験勉強を支援しましょう。