中学受験は親子で挑む

中学受験は子供が必死に勉強して合格を目指すものです。中学受験を受けるために勉強を始める子供の年齢は大体9歳や8歳程度の年齢となるのが一般的ですが、中学生や高校生が勉強するのとは全く意味が違うため、そこには親のサポートが必ず必要になってきます。まだまだ子供と言える年齢の人が、自立して一人で勉強する事は非常に難しい事です。

どれくらい勉強をすれば良いのかわからない、さらに勉強のために体調管理をする事も自分では出来ないという事が多いのです。つまり、子供が3年間や4年間必死に勉強するだけではなく、その間は親もみっちりサポート役にまわらなければならないのです。

中学受験は子供が受けるものだから、塾や家庭教師、そして子供自身に任せてしまうと考えられる事もあるでしょう。しかしその考えは間違いで、親子が一緒になって挑むものが中学受験です。子供はすぐに体調を崩してしまいますので、毎日の体調管理が大切です。また、遊びたい年齢なのに必至に勉強をしなければならない環境は、非常にストレスが溜まることです。ストレスによって勉強へのやる気が無くなってしまわない様に、親が精神面でのケアをしてあげる事も大切な事です。このように、親子一緒になって頑張る必要があります。