中学受験へのやる気

子供を中学受験に向けて勉強させる時、小学四年生から塾が良いや家庭教師を雇ってさせるのが一般的です。つまり、3年間もの間、みっちりと中学受験の為に勉強をしなければなりません。子供にとって友達と遊びたい時期でもあるのに、勉強ばかりではいつかやる気が削がれてしまう事も無理はありません。そこで親のサポートが大切になってきます。中学受験において親が出来るのは、勉強を教える事意外の部分です。環境を整えたり、子供の体調管理、その他様々な手続きをしたりする事などは全て親がしなければなりません。また、子供のやる気を高めてあげるのも親の仕事であると言えます。

勉強においてモチベーションを高めるのは非常に重要な事です。なぜなら、勉強はやる気がなければ続きづらいからです。なので、親は子供が少しでも点数が取れる様になったり、苦手を克服したりした場合、しっかり褒めてあげる等の対応が大切です。子供は受験までの間、勉強で喜びを感じられるポイントが少ないです。なので、定期的に褒めてあげて、報われる気持ちを与えてあげるのが必要です。もちろん、塾や家庭教師に褒められる事でやる気もあがりますが、それは毎回ある訳ではありません。親が定期的に子供のやる気を出させる工夫をしてあげましょう。