中学受験と学習量

中学受験は受験当日までの間、長期間で長時間な勉強をこなしていかなければなりません。それが目標となる学校に合格する為には必要な事となりますし、周囲の子供に勝つには相当な勉強をしなければならないからです。しかし、中学受験は勉強をし過ぎるという事も良くありません。子供にはその調整が出来ないため、親が管理して、学習量を調整してあげるのが大切なのです。中学受験に合格するために勉強するのはもちろん必要ですが、例えば多くの中学校の受験対策をまとめてしてしまうと、その勉強量は膨大なものになってしまいます。

そこで必要なのが目標とする学校を搾る事と、それに合わせた適切な勉強量に調整する事です。家庭教師や塾に通わせるのが基本的な中学受験までの勉強法ですが、それ以外の時間は親が子供をみてあげなければなりません。しかし、その時まで余計に勉強させると、当然子供は心身ともに疲れ切ってしまいます。勉強はすればするほど良いものではありますが、それは節度を守った上での話と言えます。過度はストレスは勉強に対する意欲を無くしてしまう事に繋がり、最終的には受験に対する意欲までも失いかねません。子供には嫌いにならない程度に、そしてストレスを過度に与えない程度に勉強をさせるのも、親の仕事と言えるでしょう。