中学受験と親の方針

中学受験の主役は受験をする子供です。しかし、だからといって全て子供に任せてしまうのは良くありません。つまり、子供には子供の役割が、親には親の役割があるという事です。親は子供に勉強させておけばそれだけで良いという事ではなく、サポートしてあげる必要があるのです。親の役割の一つとして、子供が受ける中学受験の方針を明確にする事です。これはお受験をする事において実は重要な事で、将来どのような進路を目標としているかによって、受ける受験先も異なってくるのです。

その方針の考え方としては、大学進学において、どのような学校に進んで欲しいのかという事です。国公立なのか系列の大学なのか、有名な私立大学に進んで欲しいのかという事で、これらの目標によって受験する中学校も変わります。なぜ学校が変わるのかという事については、中学校によって進学実績が明確に異なるからです。また、どの大学に進学してほしいか明確な目標がある場合には、勉強の仕方はもちろん、塾の選択も重要となってきます。この勉強の外側となる事については、親が全てサポートしていかなければならない事で、子供の役割ではありません。役割を把握して、親は子供のために行動してあげましょう。